ほぼ開発ブログ

アプリ開発を中心に、いろいろ脱線します。

#014 Xamarin を XPERIA で動かしてみる

今回は Android で参戦

前回 iPhone 実機で動かした Xamarin のサンプルプロジェクトを、今回は XPERIA で動かしてみます。

#013 Xamarin を iPhone で動かしてみる - ほぼ開発ブログ

まず、MacXPERIAAndroid実機)を接続します。今度は忘れませんでした(キリッ

次に、Visual Studio で前回と同じ「PlatformVisuals」を開きます。

そして、上部のツールバー(って名前でいいのかな?)で

|□ PlatformVisuals.Droid|□ Debug|ARM|□ Sony SO-04E (API17)|

のように設定します。

ウチのペリア君の CPU は Qualcomm なので「Debug|ARM」を選択しています。
もし IntelAtom)なら「Debug|x86」または「Debug|x64」を選んでください。

最後に「▶︎」で開始っと。あいまっぱーふぇくひゅーまん♪
さあペリア君おいで〜、待ってるよ〜、待って…る….よ?

 へんじがない。ただの しかばね のようだ。 

オイオイオイオイ、またかよー。( ̄▽ ̄;)

意識高い系から三葉虫まで

f:id:Kikuzo:20170220222803p:plain

XPERIA の画面は真っ暗だけど、インストールはされてて、何か動いて落ちてるってことだよね?Androidのリソースが見つからないって??

まあこんな時は意識高い系のフリして色々いじってみるに限るよ、特に意味はないけどゴニョゴニョっとね。

リソースがうんぬんということは SDK のバージョンとか関係してるのかな〜?

Visual Studio のメニュー「プロジェクト」→「PlatformVisuals.Droid オプション」で、プロジェクトオプションのダイアログを見てみた。

f:id:Kikuzo:20170220230702p:plain

何らかの設定がおかしいのは間違いないんだけど、おかしい気配はなさそう。

「▼ビルド」→「▶︎全般」を選択、「ターゲット フレームワーク:」は「インストールされている最新のプラットフォームを使用」となっている。

だけどあえて、それをインストールしてないSDKのバージョンに変更してみる。リビルドすると大量エラーが出た、でもこれは当たり前。

私の環境では最新 SDK は API23 なので、今度は明示的に「Android 6.0 (Marshmallow)」を選択して再度リビルドすると、警告は出るけどエラーは出ない、これも想定内。

しかーし、実行すると、ジャストミーーート!!!

f:id:Kikuzo: 20170220234214p:plain

なんということでしょう!表示されてるものと内部の設定が違うなんて。

それに一回成功すると、設定を元に戻しても問題なくできるみたい。これってバグじゃね?

ああ、そうか、Visual Studio for Mac Preview ってまだ安定版じゃなかったねー。

すまんすまん、タダで使っておいて文句を言うなんて、ほんと人間なってなかったわ、もはや三葉虫に戻るべきだわ。

MacBook の画面にフィルムを貼ってみた

独り言が多いのか、画面によく小さな泡が飛ぶ。英語にすると TUBA ね(大嘘)

画面拭きすぎて傷が付くのが嫌なので、フィルムを貼りました。

それほど期待してなかったけど、上下左右スキマなくぴったりで、思ったよりいい感じだZe!